社会の中で事業が役に立つ存在

社会の中で事業が役に立つ存在

今までも行政のサポートが行き届かない人々を、ボランティアで援助してきたり、NPOやNGOなどといった非営利を目的としている組織がサポートを行ったり、企業が社会貢献事業の一つとして寄付する形で支えることは普通に行われてきました。社会の中で事業が役に立つ存在であることは、事業が継続していくのに必要不可欠なことなのですが、殊に近年事業の目的を「収益を上げる」こと以上として、「社会の問題を解決すること」におきまして起業する人たちがぐいぐいと増えてきました。

困った立場にいる人に対して、慈善事業という形ではなく、ビジネスとして支えている斬新社会の仕組みを作り上げ成功した人のことを「社会起業家」と呼んだり、その意味から「チェンジメーカー」と呼ばれることもあります。実際のところ、NPOやNGOでも寄付や助成金に頼り運営しているところも非常に多く、自ら収益事業を持って運営が出来ている団体というのは一部に限られているのです。

しかし善意や「無償の奉仕や援助や寄付」だけに頼っていると、いつもそうとは継続性があるのかと不安が到底ありました。そのような中、社会的弱者と呼ばれている人や貧困層のサポートや発展途上国の支援、そして地球温暖化対策をはじめとして環境保護など、社会の解決するべき課題に取り組んでいき、事業を成り立たせることに成功するといった事例が多方面から続々と出てきています。

このように、社会の仕組みの中であまり恵まれていない人や行政のサポートなどが行き届いていない人を、事業の仕組みの中いおいてサポートし、問題を解決させようと行動している人のことを「社会起業家」と呼ばれています。